世界がもし100人の村だったら。

衣食住に立ち止まることが無い世の中。

そう思っているのはごく一部の人であるということ。

同じ時間に生きているとは思えない。

同感だと思った。

普通だという基準は、人それぞれ違うだろう。

だけど、あまりにかけ離れすぎている。

そう思った。

この瞬間でさえ、着るものも無く、食べるものも無く、屋根も無いところで、じっと耐えている。

ただただ、生きている。そんな人たちが・・・大勢いるということ。

自分が幸せなだけに、涙する。可愛そうな人たちだと。

そう思う自分も恥ずかしい。

ただ、テレビの前で涙する。ただ、それだけで・・・番組が終われば、今までと変わらない生活。

健康で不自由なく暮らしていることに、慣れてしまっている。当たり前の生活であるということを。

世界中の人、全てが・・・幸せになることは、不可能なことなのだろうか。

人間の欲という塊は、無くなることはないのか。

身近にはない、悲しすぎる海の向こうの現状。知ることが第一歩なのかもしれない。

そう思いたい自分であった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)