« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

実質、最終日。

本日、会社勤めが最終日となりました。

12月にもう一日、あいさつ回りで行くことになっていますが。

辞めると決めて、半年。

ここまでくれば、あっという間でした。

何故か、今までのことより、これからのことばかり考えていて、何の未練もありません。

治療室もだんだん出来上がってきています。

ご近所に恥ずかしくない様、技術も向上させなければ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここまでセルフに・・・。

ガソリンスタンドのセルフ。もう当たり前のような光景です。

でも先日、セルフなのにお店の人が、すぐに駆け寄って来た。

「セルフですよね?」と聞くと、

「セルフだけど、給油はしますよ~。でも、あとはご自由に。」と言われ・・・。

よく分からんとこだなぁ。と未だに思い悩んでいるのですが・・・。

そうそう、話は変わって「サンストリート浜北」へ行ってきました。

そこで、見たんです。

私、初めてで感激しました。

「セルフレジ」

見た瞬間、ちょっと何か買ってやってみたい。すぐにそう思ってしまうのは、私だけでしょうか?

これも、一種、心理をついた作戦かも。

買い物目的で来ていなくても、ちょっと珍しいからジュースの一本買ってやってみよっか。そんな気持ちを掻き立てられる・・・そんな代物でした。

子供も、「お店屋さんになれる感じがする!!」と見ていたし。

だんだん、こんな時代になっていくんでしょうかね・・・。

「いらっしゃいませ。」「ありがとうございました。」

決まり文句でも・・・人間の口から聞くことって少なくなってしまいそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どちらが強いか?

もし、今の自分のまったくのコピーがいたとする。

そのコピー人間と自分が・・・戦うことになったら。どうなると思います?

今の自分とまったく同じ。

違うところは、相手は心を持っていなくて、疲れを知らないと言うこと。

そう、いくら戦っても疲れないということ。力の衰えもない。

私は、ぜったい自分が負けると考えた。

あなたは、どっちだと思う?

これって答えは、コピー人間は負けるんです。

「今の自分より明日の自分。一時間前、一分前の自分より・・・。どんどん進化していくから。この一瞬の自分は、もう次の瞬間には変わっている。」

そんな言葉がありました。

コピー人間は、その時のままの自分でしかない。いくら疲れを知らなくても。

本当の自分は、コピーされた瞬間よりずっと強くなっている。進化している。そんな話。

そんな前向きな気持ちで毎日を過ごしていたら・・・きっとすごくプラス思考な人間になれそう。

一分前の自分より、今の自分ってどこが違うかなぁ・・・。

せめて・・・昨日の自分より・・・ここが変わったって考えながら毎日送れたら。

そんな風に思う日であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行きはニッコリ。帰りは・・・。

暖かい日でした。

自転車で海まで散歩しようと娘たちと出掛け。

行きがけにジュースを買っていこうと途中で自販機。

一本買ったら「チチチチチ・・・アッタリダヨ~。モウイッポン、オマッケダヨ~!」

顔を見合わせ「やったね!!わたし、当たったのってはじめて!!」ととっても嬉しそうな娘。

上機嫌で自転車を走らせて、海までたどり着く。

カイトサーフィンの大会?やってました。

サーファーの車が沢山並ぶ中・・・ヘルメットをかぶった自転車の娘とママチャリに下の娘を後ろに乗せた私が並び・・・。おやつを食べだす・・・。ちょっと場違い?

まあ、ちょっと浮いていましたが、自分たちの心は満たされ・・・帰ることに。

来た道を帰るはずが・・・一本違う道になり。

車が来ない田んぼ道。

田んぼの土手に「じゅず玉」?「ずず玉」?を発見。

娘は、採って行きたいというのだが・・・。草むらの向こう側。どうやら手前には溝が隠れていそうな感じ。

「危ないから、ここの道になっているところを通って採りに行っておいで。」と私がよさそうな道を進めた。

「ゆっくり、行きなよ~。転んだらいけないから。」と言うと「わかったよ。」と足をチョンチョンやりながら、ゆっくりと進む娘。

しばらく行くと・・・ハッと娘が小さくなった!!

すぐに娘は、振り返り飛び上がって、大きくなった。

だけど、目にはだんだん涙が・・・。足は、びっしょり濡れている・・・。

「もどっておいで~。早くこっちへ戻っておいで~。」

メソメソとしぶしぶ戻ってきた娘。残念そうに「穴が開いててね。足が落ちちゃって・・・」

「でも、採りたかった・・・」とりあえず、家に帰ろうと励まして、自転車に乗ったのだが、どうしても心残りの様子。

私が、手が届く範囲で10個ぐらい採れたので、それを渡すと泣きながらウンウンと言って自転車をこぎだした。

家に帰って一生懸命ブレスレット作りに時間を掛けた娘だけど。穴を作るのが難しく。

今日は、半分で終わりました。

ちょっと、昔の自分を思い出す・・・。

明日完成すると良いね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨムヨム星人・・・。

トットコ、トットットー。

「ヨム~ヨム~」

「チャンコ~」

最近、絵本が大好きです。

「イナイイナイバァ」

「イイナイイナ」

「ポミー」(ポニー)

いろんな言葉がでてきます。

「ハイ!オパピィ!」もやってます。16ヶ月の娘。

絵本を読んで欲しいと本を持って「ヨム~ヨム~」と。

主人もおねえちゃんもあまりの可愛さに最初は、膝に据わらせ一生懸命読んであげていました・・・。

しかし、最近では・・・。とってもしつこいので読み出すとずっと読まなければならない。

ということで、だんだんみんな遠ざかっていくようになっている・・・。

せっかくの本好きになるチャンスなのですが・・・。

ヨムヨム星人は、朝から夜まで止まらない。

この頃は、諦めてか自分で読む姿も見受けられ。

ちょっと気の毒な・・・ヨムヨム星人。

寝る前に何冊読んでもなかなか眠らない・・・ヨムヨム星人。

1冊で終わろうとすると「ワンワン!!」と床を手で叩いて怒ってしまう戌年の彼女です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

C型って間違いではないんだ・・・。

血液型でも性格とか合う合わないとかいろいろいうけど、我が家は下の娘以外「all B型」。

だから、一致団結するとすごいんだけど、一人文句言い出すと、バランバラン。

O型」の次女は、中和剤でしょうかね。

下の娘が生まれたとき、私たち夫婦からは1/4の確率での「O型」の子供が誕生し、びっくりだったのですが(秘かにB型期待していたので)、血液型をよく理解していない、上の娘、「この子、血液型C型だにぃ~」と何回も間違えてみんなに話していました。

なのですが、これって間違いではないことが最近、私が知ったのです。(知ってる人はしってるんでしょうね・・・)

血液型が分かれているっていうのが発見された時(まだその当時はAB型は分かっておらず)ABC型と分かれていたそうです。

血液が固まる程度が一番低かったC型は0型(ゼロ)と呼ばれるようになり、0(ゼロ)がやがてO(オー)と読み間違えられて、現在の「O型」(オー)になってしまったそうです。

だから、知らずして「C型」と言っていた長女はまんざら間違っていたわけではないんですよね・・・。

でも、O型から見て、B型の中に一人ってどうなんでしょうかね。そして、B型黒ヒョウばかりの中にO型羊がひとりって・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3回目にして受けました・・・。

3年前から会社でマンモグラフィと超音波検査が行われています。

最近は、癌で亡くなられる方が多く健保組合も早期発見に重点を置いているようです。

1回目は、2人目を妊娠中だったので断念。

2回目も、授乳中で断念。

今回、やっと受診することができました。

初めてだったのでどんなものかと思い、周りの人に聞いていたのですが・・・。

大きい人も小さい人も・・・「ちょっと、屈辱的。」と言う意見が多かったです。

確かに・・・そう感じました。

こんなに医療技術が進んでいる中、もうちょっとなんかいい方法がないのかと思う撮影方法のマンモグラフィ。

まあ、でもあれで癌が発見されるのなら。と思ったりも。

女性の癌は、1995年ぐらいから乳がんが第1位だそうです。

乳がんは、早期発見できれば90%が治るといわれています。

それには、毎日のセルフチェックが大切だそうです。

乳がんのできやすい場所は、外側上部から脇下にかけて50%・次いで内側上部20%だそうです。

このあたりは、念入りにチェックすることをお勧めします。

今は、メスを入れなくても治療できる方法もあるようです。

乳腺専門の医師・病院を見つけるには

「日本乳癌学会ホームページ」 http://www.jbcs.gr.jp/

参考にしてみて下さい。

毎日の健康チェック。大切ですね。大きな問題になる前になんでも早いうちから発見することが大事なようです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

夕方の空は。

5ヶ月も前からちょっとした心配事がありました。

自分の体のことなのですが、でも病院へ行く勇気がなく・・・。

大丈夫だろう。もうちょっと経ってからでも。と自分に言い聞かせていました。

でも、やっぱり毎日が不安でどことなく心が落ち着かなくて。

原因がはっきりしない不安は体にもいいものではないですね。

思い切って昨日、病院へいきました。

検査結果は、来週ですがそんなに心配することはなかったようです。

どうしよう。と思っているより、やっぱり行動するべきですね。

すっきりした帰り道。

空を見上げると、とても細い三日月で、その上に星が一つ、下のほうはまだ夕焼けが残っていて少しオレンジ色に輝いていました。

アラジンに出てきそうな、神秘的な空でしたよ。

空は、いつ見上げてもいいものですね。同じ日などありえない。

自然界のエンターテイナーと言えるでしょう。

私も、そんな魅力的な人間になりたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホントにそうかなぁって?

木曜日、お昼近くに電話が鳴った。

「保育園から電話だよ。」

またかぁ。でも元気だったけど。

「なんだか水疱瘡みたいなんですけど。」

確かに、昨日の夜、虫さされのような後が3箇所あったこと思い出した。

熱もなかったし、保育園で流行っているとのことで一応呼び出し。

後半休暇を使って帰ることに。

お迎えに行くとむちゃくちゃ元気。午後お医者さんへ行った。

「水疱瘡だね。土曜日にもう一回来て見て。」とおじいちゃん先生が言う。

金曜日、一日休暇をとって・・・でも、元気元気。

熱なし、ブツブツも増えてこない。13回も散歩へ行ってしまった。

土曜日、病院へ行ったら「これ、ホントに水疱瘡かな?。」ってどういうこと?

「予防接種をやってあるからですかね。」と私が言うと・・・。

「だもんでだよ~。そうだそうだ。だから、こんなに軽いんだよ~。」って先生・・・。

「月曜日から保育園行ってもいいよ。」その言葉は有難かったけど。

ということで、予防接種はかなり有効ですね。かかっても軽くて済む。

上の娘もすごく軽かったです。

水疱瘡は、任意なのでお金がかかりますがやっておいたほうがいいですよ~。

なんでも予防は、大切ですね。

私が勉強している「理楽整体」も予防効果があります。

この整体は、「人間の自然治癒力を高めること」を目的とした整体です。

もちろん、腰痛や肩こりにも有効ですが、症状がなにもないと言う人が施術を受けても「自然治癒力がアップ」する為、風邪を引いても軽くて治りやすい。そんな効果もあります。

手洗いうがいを毎日することも大切です。これも予防。

整体も定期的に受けていると病気や怪我の予防につながりますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛び起きるって・・・。

ここの所、下の娘は「ちゃー茶娘」です。

夜、寝るよ~とお布団へ向かうと、「ちゃーちゃ~。ちゃーちゃ~・・・」と泣き喚くのです。

抱っこして、お茶を飲ませる。「もういらない」という仕草をするので「もうねんねだよ」

と言いながら、またお布団へ。

またすぐに「ちゃーちゃ~。ちゃーちゃ~・・・」と泣き喚き。

これを10回以上繰り返すのです・・・。抱っこするとピタッと泣き止む。だけど、お茶を飲まないと泣き出してしまう・・・。

だんだん、最後のほうは夢遊病ではないかと思われるほどの意識もないような状態になるとやっと寝てくれるのです。

こっちは、もうへろへろとなり、ぐったりと・・・。

昨日、朝方「かあか~。なんだか目が覚めちゃった。」と上の娘が布団の中から声を掛けてきた。

「まだ、暗いから目を閉じていたらまた眠れるよ。」と言いつつも、何時かなぁと時計を見て・・・。頭の中がクルクルと回りだし「なんでなんでなんで・・・????」と何度も時計の針を見る。

どう見てもいつもより1時間遅いし、子供たちを起こす時間じゃんか~。!!

そっからが早いこと早いこと。飛び起きて、子供起こして食べさせて準備して学校まで送り出す。

自分はおにぎり作って、通勤中の車の中で朝食取る!!

何年ぶりに寝坊したかなぁ。でも、子供の体内時計に感謝!!君が起きてくれなかったら・・・。

学校も遅刻していたよ・・・。

いつもは、起こしてもなかなか起きないのにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月セミナー参加

今週は、11月の中級セミナーへ参加してきました。

実践的な内容で、すぐに使えるようなものが多くとても興味深いものでした。

「腰痛・肩こり」これを重点に勉強し、すぐに使用できるテクニックが多く、そして症状も軽くなる。それが、目に見える・体感することができるということがあるのですが、それだけでは他の整体院でも十分だと言うことを理解しておくことが大切です。

私の整体はオリジナルであると言うこと。

基本があっての味付けであると言うこと。

いつでも、本来の目的を見えなくならないように活用していこうと考えている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »