« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

チェーンメールにご注意を。

子供を持つお母さんへ。

緊急メール。

Crm0710221416014n1

私の携帯メールへも送られてきた。

送信元は、もちろん娘の友達ママから。

私もまた子供を持つママへ転送する。

いつでも、どこでも情報を発信できる時代である。

この情報が、正しいか正しくないかは別として。

「これはみんなに言っといたほうがいい!!」とその人が思えば。

どんどんと情報は流れていく。

流れると言うより、湖へ石を投げ込んだ時のように中心から外へ向かって輪が広がっていく現象だろうか。

その輪は、外へ一つ広がるごとにまたそこが中心となりまた広がり続ける・・・。

これがどんどん繰り返される・・・。

その位に、情報を伝える手段が世の中できているのだというころだろう。

これがネットワークと言うものだろうか。

今回の場合、子供を持つママ同士のネットワークへうまく入り込んだチェーンメールと言える。

内容もリアル。ママたちの心理をついた内容。そして、親切心を表す言葉で最後を締めくくる。

まさか、このメールが嘘の情報でリンク先がワンクリック詐欺の疑いがあるなんて・・・きっと思いもしないと。

これがまた、いろんな県で同じ内容のものが流れているからすごい。

この情報の広がりかたのほうがかなり興味を感じている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の中の七五三。

上の娘の七五三。

7時に家を出て美容院へ。

とっても丁寧に仕上げていただきました。

あいにくの雨。10月の最終末ということで少し早いので、お宮参りもそこそこに

帰宅して、祖父母へ披露した。

288_3   

晴れてくれればよかったのになぁ。

でも、おかげで虹を見ることができました。

途中、途切れることが無いのです。下から上に伸びていて緩やかなカーブそして、

また、下へと半径の形でくっきりと。

308

なんか良い事ありそうな気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

噛みつきの時期・・・

「あそぼっ!!」

やさしく声を掛け、顔を近づけると・・・

「うぇーん!!いたいよぉ・・・」(永遠に続く)

大泣きして顔を伏せたまま起き上がろうとしない娘がいる。

いつものことかと安易に考えていた私。

しかし、何時まで経っても泣いたまま。

さすがに彼女に近づいて顔をあげさせると・・・・。お気の毒。

唇は、腫れ上がり、少し血がにじんでいる・・・・。オソロシや。

妹にやさしく声を掛けた姉は、理由も無く唇を噛みつかれ泣くことに・・・。

最近、奥歯が一気に3本出てきたせいか、噛み付き度がひどい下の娘。

子犬のようにじゃれて噛み付いたり、怒って噛み付いたり。この年齢の特徴でもある噛み付きの時期。

わかってはいるものの、やさしく声を掛けた姉にはショックだった様だ。

それからというもの、妹が近づき顔が近づいてくるとササッと身をかわす事を体が覚えてしまったようで。

この間は、近づいた妹が姉の身のかわしに追いつけず、自分が転びいたい思いをすることに・・・。

早く歯が生えそろってくれること・・・祈る母でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロミロミセラピーを・・・。

先週は、ロミロミを勉強してきました。

整体は、骨格から。ロミロミは、筋肉から。

ロミロミは、ハワイアンたちの間で受け継がれてきたセラピーです。

今でこそ、日本でも広がりつつあるものですが、古来、「カフナ」と呼ばれる聖職者だけが行ってきたものです。とっても、伝統のあるそしてとっても大切な守られてきたセラピーだと感じました。

今回、ロミロミの技術はもちろん。考え方もしっかり習得しました。

整体とは、またぜんぜん違う手法ですが、私の手によって患者さんを癒すことに変わりはありません。

とても印象に残ったことがあります。

「ゆっくりと深い呼吸をすること」

どうですか?今日、一度でも深呼吸しましたか?

1時間、30分、10分、5分、いやいや1分単位で生活している私たちは、日常深い呼吸をすることがあるのだろうか。そう考えさせられました。

時間が永遠にあるかのように過ごす・・・。たぶん、日本人には無理でしょうね。

だからこそ、セラピストとして施術している間は、時間が止まっているかのように感じてもらえるようなセラピーができたらいいなぁ。と思いました。

そして、施術後は、体もリセットして、時間が動き出す・・・。

ロミロミは、整体に比べて細かい指先を使った動きもあるのでまだまだ経験を重ねていかないといけません。

骨、筋肉、両方から体を整えることができる。そんなセラピストを目指しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予防接種、お済ですか?

もう、終わった方もいらっしゃるかもしれませんね。

「インフルエンザ予防接種」

子供が生まれてから、毎年受けています。

一人目も二人目も、1歳の時、予防接種を受けないでいたら、かかってしまって・・・。

とても気の毒な状態になってしまいました。

まあ、お守りみたいなものですが・・・。

なんか、やっておけば安心というものです。

年内に受けないと効果がないのでご注意を。

病院に受けに行ったら・・・先生が・・・。

「もう出たからねぇ。3人ね。家族内感染で夫婦と1歳の子供だよ。」

とのこと。

予防接種やる前からインフルエンザが出てたら意味ないじゃない!!

でも、だいたい10月から開始だから仕方がないけど。

大人は1回で済むけど、子供は2回受けないといけないし、1回目・2回目と1ヶ月はあけないといけないから、体調整えるだけで苦労します・・・。

1011月で受けることができたら bestですね。

季節の変わり目、風邪引きの時期・・・。

みなさん、体調には十分に注意しましょう。手洗いうがいは、必ずしましょうね。

これ基本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

めずらしい色見つけました・・・。

帰り道、道端に車を止めて携帯で写真を撮っている女性を見かけた。

何?こんなところで・・・。と思いつつ、通り過ぎると・・・。

見たことない。こんな時使うのかな・・・。

生まれて初めてみた!!

赤色は、この時期よく見かけるけど。

まあ、昔ほどは沢山咲いていることはないね。

有毒だし。食べては駄目です。花が落ちるとノビルとかアサツキに、似ているので誤食があるそうです。

そうそう、初めてみたので思わず、私も携帯で写真を撮ってしまいました・・・。

でも、この辺だけなのかなぁ。赤でも咲いているのは・・・。

田んぼや畑、川の土手に咲いているのだけれど・・・。

071012_1700

(白い彼岸花)

この花をみるといつも思い出すのが「花さき山」という絵本。

とっても切ないストーリー。

私が子供の頃、なぜか家にあった本。子供の頃は、なんだか怖かったけど、自分の子供にも読み聞かせています。

それは、なぜかというと私と上の娘は、同じ境遇だから・・・。

年が、離れた姉妹を持つ娘に伝えたいこと。きっと、私の母も年はなれた弟を持った私に同じことを思ったと・・・。親になった今思う。

大人でもちょっとグッと来る内容ですよ。

Shanasakiyama1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

臨床治療家塾ルーツ2

時間より少し早く到着した。

すでに何名か先輩たちが来ていて、復習が始まっていた。

先輩にモデルになってもらい、早速復習を開始。

1ヶ月前に覚えたことなのに、忘れてしまっていることが多いことにびっくりする。というより慌てた。

人間は、復習しないと数分後には記憶が薄れていくと言われているが本当だと実感した。

座学の途中、「お笑いの顔」が必要かなぁ。とひとり思っていた自分が少し恥ずかしいが、少し近い答えだったかもと自負しているところである。

○○と○○は紙一重とよく言われるが、ルーツで習得する技術もまさにそこだと思っている。

全てのテクニックが、紙一重。これがプロの技というものだろう。

紙一重にどれだけ、近づくことができるか?それが、私のこれからの課題だろうと感じている。

自分が、患者だったらどうだろうか。そんなことをいつも頭の片隅に置きながら勉強することが大事なのではないだろうか。そう思う今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷惑メール、誰が迷惑しているか?

携帯へ・・・迷惑メールが届きます。

1日に、何件も削除しています。

ときどき、誰に向かって送信しているのか?

考えてしまうことも。

最近のメールは、英語なんです。

きっと、いろんな条件を潜り抜けてきたメールなんでしょうね。

全て横文字・・・。

ターゲットを日本人から、日本に在住する外国人へ目をむけているのかも知れないです。

迷惑メールも高度化しているようです。

文字だけだとメールガードに捕まってしまうので、画像に文字をのせてメールとして送信することも可能のようです。

なるほど、頭がいいなぁとおもいます。

この頭の良さを、悪いことに使わないでよいことに使っていって欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そういう年齢と言うだけで・・・。

例えば、膝が痛くて曲がりにくい。

例えば、腰が痛くて伸びにくい。

例えば、肩が痛くて手が挙がりにくい。

そんな時、あなたはどうしますか?

整形外科へ行き、レントゲンを撮り骨に異常が無いかどうか確認する。

その後、どうなりましたか?

骨に異常がなければ・・・。痛いところに電気をあてて・・・。温める?

何回か通って、少し良くなったような気がして・・・途中でやめる?

そんな風に最後は終わってしまう人はいませんか?

完治に到ることなく、病院通いを止めてしまう人は・・・。

「もう、そういう年齢ですからねぇ。体も痛くなるところ、出てきますよ。」

なんて、言われていませんか?

確かに年齢というものは、それだけ体を使ってきているのですから、老化してきます。

しかし、それだけで片付けてしまって・・・納得してしまっていいのですか?

そして、痛いまま、違和感のあるままの体で生活を送る・・・?

もう一度、考えてみてください。

本当に、年を重ねたから・・・それだけの理由であなたの体はそのままでいいのですか?

あなたの近くに・・・きっと相談できる治療院がありますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手が挙がらないのは・・・。

あなたは、今、手を挙げようとすると肩が痛くてあがらない・・・。

どうやっても、途中で肩がいう事を聞かず困っていませんか?

「あ~、40肩かなぁ。私もそんな歳になっちゃったのかしら?」

「うそでしょ・・・。昨日までなんともなかったのに・・・。もしかして50肩?いやだわぁ・・・。こんなこと、みんなに言えないわよ・・・。」

「信じたくないけど、これって○○肩っていうものなのかなぁ・・・」

そうなんです。信じたくないですよね。まさか自分がこんな風に手が挙がらなくなるなんて。

そんな風に思っている方、いらっしゃいませんか?どうでしょう?

でも、それは本当に肩が悪いのでしょうか?

もし、肩が悪くないとしたら・・・どこが悪いのでしょう?

もし、肩以外の場所を治療して、治ってしまったりしたら・・・。

それは、40肩・50肩とは呼ぶものではないのかもしれませんね。

そうしたら、あなたは・・・。ちょっと嬉しくないですか?

そんなことありえないわよね。だって、肩が痛くて手が挙がらないんですもの。

そう思った方、多いのでは?

実は、そこが問題で、肩が悪いと思っているから、なかなか治らないんではないのでしょうか?

本当に肩が悪いのなら、肩を治療すれば絶対に治るはずですよね?・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お祭り返上で…。

今日明日と、お祭りです。しかし、子供達には、ゴメン…して整体セミナーに参加しています。
夕方からは、子供とお祭りへ参加。
明日も、朝からセミナーなので、昼間はおばあちゃんにお願いしています。
子供には、勉強会だからね。とちゃんと話したら分かってくれてました。
来年は、ずっと一緒に付くからね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子は親の鏡・・・。

子供の表情や姿を見て、自分と似てるなぁ・・とか、私がやってることとそっくり。とか思ったことってないですか?

笑い方や怒り方まで・・・。ちょっと、口を膨らませたり・・・・。

子供は、とても良く見ています。こちらが恥ずかしくなるくらい・・・よく見ています。

先日、娘さんとそのお母さんを施術しました。

とても内股のお母さん・・・。

そして、娘さんも・・・内股。

お母さんは、娘さんをとても心配していました。

「私のせいだわ。家族、みんなが知らないうちに内股に・・・・」

自分が、ここが悪いところだなぁ。と気づくことも大切ですが、家族もどうなっているのかなぁ。と。

悪い癖ほど良く似るものです。

そう、悪い癖ほど早い段階で処置することをお勧めします。

みなさん! ちゅういですよぉ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうなる?高齢化社会。

朝、通勤時間。

交差点に差し掛かる。青信号。

横断歩道では、おじいちゃんが信号待ち。赤信号。

赤信号が待てないのか、手を上げている。

もうすぐ変わるよ・・・。と思いながら通り過ぎる。

気になるおじいちゃん。バックミラーで姿を追う。

うそでしょ!!

手を挙げながら、交差点に歩き出す・・・。

ちょっとちょっと・・・おじいちゃん!!

信号見てないわけ???

どんどん進むおじいちゃん!!

後列の車は、大混雑。

バスまで巻き込む・・・おじいちゃん。

しかし、かまわず、進む。

これからの高齢化社会。このおじいちゃんのような人が増えていったら。。。

赤青黄色の信号機も役に立たない時代がくるかも。

警察が、交差点に立つか。

介護士が、誘導に立つか。

あるいは、ガードマンか。

高齢化社会。思わぬところでも問題が起きそうでならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »