« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

あなたはどちらのタイプ?

人間には二つのタイプがあると言われている。

一つは外的プレッシャーが大きいほど懸命に働くタイプ。

もう一方はプレッシャーがない平穏な環境で最大の力を発揮するタイプ。

これってどうなの?

どちらも考えてみると自分の環境で左右されているだけではないのか。

周りからプレッシャーを掛けられるか、掛けられないか。

こんなことは、無視するべきだ。

自分はどうなのか。

考えがあるのか。

プレッシャーというものは、他人からではなく、自分で掛けるべきなのではないか。

周りからではなく、自分の中で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ずっと前から・・・。

人に自分の思いを伝えるとは簡単なことではない。

どんな人でもそう思うときがあるだろう。

自分の中でいろんな思いが交差する中、言葉にして人に伝えるということは、出来るようでいて出来ないものである。

なんでだろうね。

自分の中では伝えたいことは整理されていても、言葉にすると難しい。

そのままを言えばいいのだと思うのに。

目・耳・鼻・口。

これって首から上についていて、頭の近く。というよりすぐ横。というより一緒になってる。

だけど、思いってどこら辺?

脳?

私は、想像するになんとなく首から下。胸の辺りかな。

だから脳まで伝達がかかるんではないか?と勝手に思っている。

だから、時間かかっちゃうんだよ。たぶん。

今日は、「演説の日」なんだって。

日本初、演説が開催された日。福沢諭吉。

彼は、こう言った。

「日本が欧米と対等の立場に立つ為には演説の力を附けることが必要」

やっぱり、プレゼン能力かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

意外と昔と一緒・・・?

プールの季節。

小学校の水着。

まあ、スクール水着。

昔からのタイプ。

セパレートタイプ。

やっぱ、セパレートタイプの方がかっこいいよなぁと。

子供も納得したので購入した。

初めてのプール。

水着を着替えようとした娘。

後ろの席の子が言ったそう。

なにその水着?

なんと私の想像を遥かに超える割合だった。

セパレートタイプは、学年で2人。

しかも、もう一人は、私の友人の娘。(実は相談して買った)

次回のプールの日。

娘は私に言いにくそう。

あの水着は・・・・。

私は、ニッコリ言ってやった。

後ろの席の子に「今度、水着買うときは、こっちのタイプがお勧めだよ。」そう話しなよ。

そうすれば、セパレートタイプ人口が増えるってもんよ。

だけど、みんな昔の形が好きだねぇ。

せっかく違うタイプがでたんだから・・・こっちにすればいいのにぃ・・・。

そう考えるのは私だけなのかな・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今年初・・・もの。

これ野菜だっけね。確か。

まあるくておいしいと思うけど。

草臭くて嫌だという人もいる。

今年、初です。すいかです。

お義父さんが言うには、「一週間、早かった・・・。」(収穫が)と悔しがってたけど。

甘かったですよ。

家の畑で採れたものだから、これがほんとの初物ですよね。

買ってきて・・・初物食べたといってちゃだめですよ。

いつのものだかわかんないからねぇ。売り物は。

家に畑があるっていいねぇ。やっぱり。

今は、お義父さんが一生懸命やっているので・・・。

将来は、わたくしにやらせてもらいたいです。

そんな野望を秘かにもっている・・・嫁でございます。(笑)

でも、採れた最初はいいけど・・・ボコボコ採れて食べ過ぎてくると・・・・

だんだんいらなくなってくるんだよね・・・。

ワガママな・・・これまた、嫁でございます。

野菜は、適量育てるのが難しい。

だって、生りだすと、止まらないですから。枯れるまでは・・・。

需要と供給のアンバランス。

自分が欲しいなぁ。と思う量より必ず倍ぐらい多く収穫してくれる。

そんなに食べられないよ。毎日は・・・。

笑顔で受け取り、心で思う。

そんな日々がまた続きそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人が来るって。

家に人が来ることは、あまり好きではなかった。

家で静かにすごしたい。

家族でゆっくり食事もしたい。

訪問者が来るとばたばたと予定変更になることが多い。

だけど、最近、家に人が来るといいなぁ。と思えるようになった。

だって、人が来ると部屋が片付く。

結構、それだけで嬉しくなってしまう。

こんな心が狭い私と楽しく話をしていってくれる。

同世代のお嫁さん。

またきてねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ごめんよ~遅くなってます。

ゴールデンウィーク後だったねぇ。

もう、6月が終わっちゃうねぇ。

欲しいものを聞いておいて・・・。

一つは、すぐに用意したんだよぉ。

でも、もう一つは・・・このブログを書いた後、発注かけます。

でも、でも、見てもいないからイメージが湧かないのよ。

だって、雰囲気に合うかどうかわかんないしね。

渡して、全然合わなかったらショックだし。

えぇーって思われても辛いし。

6人の代表者として用意したのにセンスないと思われても・・・悲しいし。

言い訳じゃないけど・・・・言い訳になっちゃうね。

これで、いつ届けようか・・・またまた遅くなってしまいそう・・・。

いやいや、フットワーク軽くして・・・もうすぐ行くよ。必ずね。

毎日、使うところだから本当は早く欲しいよねぇ。

最近、雨が続くから・・・欲しいよねぇ。

ほんと、もうすぐだからね。

絶対行くからね。

書くことによって、絶対行動に起こそうと思っている私でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんで開かないかな・・・。

車の中からよく見るけど。

いつもなんでだろうって思う。

忘れたわけではない。

手に持っているし。

なんでかと聞かれると本人たちにしかわからない。

でも、私にとっては不思議な光景。

雨の匂いは、結構好きだ。

雨の音も、なんだか気分をゆっくりとした気持ちにさせてくれる。

雨に濡れるのは、あまり好きではない。

だけど、開いていない子供が多い。

小雨ならわかるけど。

なぜかささない子が多いようにかんじる。

雨に濡れて歩きたいのか?

傘をささない子供たちよ!!いつになったら開こうとするのか?

傘の上に落ちる雨音も・・・なかなかいい音なんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガスかIHどちら?

家を建てるとき、主婦たちは迷うものである。

家の間取りや壁紙よりもたぶん最初に考えることだろう。

この年齢になると周りは、家を建てる人たちが多い。

話が出ると必ずこの選択に迷い立ち止まっている人がいる。

「どっちがいいと思う?」

そう聞かれても・・・私の家ではないし。

「ガスは、汚れるし。IHは、電磁波が気になるし。」

我が家は、IHである。私は、もう結婚当初から家を建てるならオール電化と何故か決めていた。ただそれだけの理由。

まあ、掃除が楽だしね。電磁波なんか見えないもんね。」

そうした理由、ズボラ主婦だから。

実際、家を建てるとき、設計士さんは私にこう言った。

「ガスは、子供に火のすごさとか怖さを教えることができる。でも、汚れがね。IHは、安全で汚れもないしね。でも、電磁波を気にする人もいるね。最終的には、建てる人の考え方次第ですよ・・・。でも、本当にIHでいいですか?」と。

私も優柔不断のほうだが、人に聞くときってだいたいもうすでに自分の中でほとんど決断していることが多い。

そんな気がする。

自分と同じ方向の答えを返してくれれば、そうだと言わんばかりにその選択をし、違う方向の答えが帰ってくれば、「あーだ。こーだ。」とまた話は振り出しにもどる。

最後に答えを出すのは自分自身。だけど、誰かに確認取りたいんだよね。心配性だから・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

毎年見るけど・・・。

テントを張り。

おじいちゃんかおばあちゃんかおばちゃん

いつも車で通り過ぎるだけ。

だけど、気になる・・・袋の山。

とうもろこし、すいか・・・などなど。

この時期限定の150号線での販売だ。

どーんと構えて販売しているけど。そこで売っていいのだろうか?

どんな人たちが買っていくんだろう。

田舎暮らしの私は、「すいか」は買うもんじゃない。

畑から取ってくるものだ。そう思っている。

っていうことは、他県のひとが多いのか?

でも、ともろこしはおいしいと思う。

みずみずしくて甘い。

そんなとうもろこしを頂きました。

でも、とうもろこしってなんであんなに歯にはひっかるものなのか?

ひっかかんなければ、また買う気になれそうだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶり・・・ゆっくり眠ろう。

本日、退院!!

やっぱり、我が家が一番落ち着くねぇ。

子供の入院は、今回3回目となる。

上の娘は、生後11ヶ月と4歳の時に入院暦がある。

3回とも違う総合病院だが、どこも一緒だな。あのベットは。

小児科のベット(乳児用)はシングルベットに回りは檻のように柵で囲われている。

もちろん、子供がベットから転落しないようにだが。

小児科で入院する場合、だいたい必ず24時間付き添いが必要だ。

いつも思うのだが、24時間付き添いを決めているのなら、あのベットを最初から広いものにはできないのだろうか。

付添い人は、あの檻の中のシングルサイズのベットで子供と一緒に夜を過ごす。

いくら相手が赤ちゃんでも、点滴有り。酸素のパイプ有り。寝返り有り。

では、やっぱり狭い空間だ。

とても、寝られる環境ではない。

2回目のときは、また大変だった。

すでに、オムツをしていない。もう4歳だしね。

だけど、点滴にはかなわないよね。

夜だって、水をガブガブ飲んでいるのと一緒だよね。

眠っている間に、針から体に水分が入って行くんだから。

彼女に何の罪も無い。薬で眠りも深いからね。

だけど、横に寝ている私には連日続く洪水の嵐。

看護師さんは夜中でも、文句も言わずシーツを換えてくれた。ありがとう。

3日目からは、さすがに夜中に目覚ましをセットし、起こしてトイレに連れて行く。

そんなこともあったなぁと今ふと思い出した。

入院するのはあんまりいいことではないけれど、こんな時、家族って言うものを再確認出来る機会でもある。

お互いを思いやる。自然とそんな気持ちになるものだ。

入院している妹を心配して、字も読めない相手に手紙を書く上の娘。

入院中、ちょうど父の日だった。何も用意してなかった。

実家の祖父母と急に出かけることになり、お父さんに内緒でお花を買ってきて、手紙を書いて机にそっと置いた娘。

毎朝、家に電話する。「どう?準備できた?」私の質問に「なんにも心配ないよ。しっかりしてるから。」と返す主人。

毎日、夕方、私と交代してくれる。上の娘との夕食とお風呂の時間を一緒にさせてくれた。

夕食も作ってくれ、すぐにお風呂に入れるように準備をしてから病院へ来てくれていた。

自分は夕食も食べずに下の娘に付き添う。

私たちが留守中にこの二人は本当によくやってくれていた。なんにも心配すること無かった。ありがとう。

今回の娘の入院も、私たち家族に何かをもたらしてくれたのだと思っている。

悪いことと、良いことは・・・常に背中合わせなのだ。そう思う。

今日は、我が家にいられることを感謝してゆっくり眠ろうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5日目です。

病院生活も長くなるとなかなか大変です。
インフルエンザ反応が出ていた為、他の患者さんとは隔離された部屋なので幸いにも個室状態なのが精神的に楽ですが…。
隣の部屋は一人泣きだしたらみんな泣き…という始末。付添人が気の毒です。
今回は、病院でいい言葉見つけました。

「愛365日」

私もこんな気持ちを持って患者さんと接していきたいなぁ。
言葉では簡単だけど実際はなかなか大変だろうな…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

窓には…。

昨日から「掛川市立総合病院」に宿泊中です。
窓の外は雨。
小児科病棟は涙の雨がたくさん降ってます。
建物が古いのですが、一ついいもの見つけました。
それは…窓にはカーテンと思ったら、なんと障子なのです。
ホコリっぽさがなくていいです。病室には適しているかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やっぱり…

入院です。
不思議とこうなるだろうと予想していました。
母親としての感?はたまた潜在意識がそうさせたのか?
インフルエンザB型、肺炎のなりかけ…。
早く良くなれ、我が家の天使…。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

さすがに4日目・・・心配です。

土曜日、朝5時45分  40.47

日曜日、朝 7.57  夕方 38.79

月曜日、朝 40.23 日中 39前後

火曜日、朝 7.47 夕方 40.68

こんなに続くと心配です。

下の娘、熱のせいか顔もむくみ、鼻水、涙で、おでこは熱さまシート。

ひどいものです。

昨日の夜は、夜泣きもあり。

しかし、食欲は衰えることなく・・・それだけは助かってます。

なので、体力はそんなに落ちてないみたい。

でも、さすがに今日の夕飯は、いつもの1/3ぐらいかな。

私は、月・火と休暇をもらい、明日も休みます・・・。

仕事も大事だけど。

やっぱり、子供が病気のときは、そばにいてあげないとね。

会社は、私の代わりはいっぱいいるけど、子供たちのお母さんの代わりはいないからね。

なんとか早く熱下がってくれ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外で食べよう。夕食を・・・。

「ピンポーン!」

来た来た来た~。

宅急便。クールです。

発砲スチロールの箱。間違いなし!

そうそう、サザエさんですよ。

「何個入ってるかなぁ・・・」と欲張りな私です。

大きさは・・・小だね。15個、入っていました。

その後、御前崎まで行って

海老、ホタテ、大アサリを購入・・・。

家に帰って、「しちりん」を使い炭火焼を開始。

もちろん、焼く係は、我が家の大黒柱です。

あとは、カレーを作って、網のあいてる所でフランスパンを焼きながら・・・。

食べましたよ~。

でも、子供たちには不評だね。

ホタテと海老はいいけど、サザエと大アサリは・・・噛み砕けないからね。

でも、外で食べるって気分が変わるから沢山食べてましたよ。

上の娘は、食が細い子で・・・食べさせるのに今でも苦労してます・・・。

でも、食べるときは食べるんだよね。無理強いは禁物です。

みんな、また外で食べたいねぇ。と意見が一致団結!

今年は、デッキでのバーべQが多くなりそうです。

下の娘(O型)を抜かしてオールB型の我が家は、意気投合すればすばらしい。

まあ、その逆はひどいけどね。

サザエが当選して・・・また一つ、楽しみ方、見つけましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

数分で固まった・・・。

子供を寝かしつけながら、自分も寝てしまっていた。

あぐらをかいて座っていた。

すごく眠くなってしまって、そのまま首をしたに向け、時間にしたら10~20分ぐらいだと思う。

ハッと目が覚めたときには・・・。

頭は重いし、首が痛い・・・。

なにより・首が固まってしまっていて・・・。

このまま、動かないのではないかと思うくらいだった。

ぎぎぎぎぎぃーと、動かしてみる。

自分の首ではないかのよう。

ちょっとずつ動かすことで可動域も広がり・・・

でも、動きはぎこちなく、な~んか頭が気持ち悪い感じ。

こんなに短い時間で固まってしまう、骨や筋肉。

固まってしまうだけでなく、血流も悪くなり、痛みとなり気分まで悪くなる。

ほんの5分、足を組んで座っているだけで・・・。

ほんの10分、子供をおんぶしただけで・・・。

ほんの30分、寝転がって肘をついてテレビを見ただけで・・・。

車を運転して、少し遠出をしただけで・・・。

体は、変位していくものなのです。

これが、毎日繰り返す動作であるとするならば・・・

あなたの体は、どんな風に変位しているでしょうか?

体の歪みは、生活習慣病の仲間と考えてもおかしくはないものなのです。

つい、いつもの癖で足を組む。

家事を済ませてしまいたいし、その間子供をおんぶする。

ちょっと、ゆっくりしたいし寝転がってテレビも見たい。

そんなあなたの生活習慣。それは歪みの原因となりうるのです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

車を当て、次は何を当てる?

昨日は、さんざんな経験をしました。

続くときは、いろいろ続くっていうけど・・・。

「当選者発表メール」が届いておりました。

なんと!!サザエ1kgをプレゼントが当たったのですよ!!

悪いこともあれば良いこともあるもんだ。

こういう当選ものには、縁が無い私です。

このプレゼントは、応募したこともすっかり忘れていました。

ゴールデンウィークに安乗岬方面へ宿泊する予約をしたところ、ちょうど安乗旅館組合のサイトが出来たばかりで、オープンキャンペーンで3月から5月までのネット予約の中から5名にサザエ1kgが送られるものでした。http://anori.ryotenya.jp/

まあ、当たるなんて最初から思っても無かったし全然忘れていたのですが・・・。

いざ、当選と聞くと良い気分ですねぇ・・・。

さて、どうやって食べようかなぁ。お料理の仕方がよく分かりませんが・・・。

だって、サザエなんかわざわざ買って食べないもんね。

料理不得意の私でもなーんか簡単においしくできるものあるかなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボーンとなって・・・嘘だよねぇ・・・。

いつも通り、会社から直接、小学校の学童保育へお迎えに行った。

駐車場へ車を置き、教室へ行く。

娘を連れて車に乗り、下の娘を迎えに保育園へ向かうつもりだった。

車をバックさせたら・・・ボーン・・・・。

エー・・・嘘だよねぇ。。。。

だって、私が車を止めたときには後ろには他の車は無かったはずだった・・・。

後から来た同じクラスのお母さんの車へぶつけてしまった・・・。

事故とかしたこと無い私。

どうしていいか分からず、とりあえず、その車の持ち主のところへ向かった。

ぶつけられたのに、私を責めることなく「私も止めたとこ悪かったかな。」なんて言ってくれ、「そんなに気にしないで。」と慰めてくれた。

保険会社の人を呼んで、今日で話は終わったが・・・。

人が乗ってなかったから、不幸中の幸いだった。

前方不注意ならぬ後方不注意!!

急いでいると、ろくなこと無いなぁ。と思いっきり落ち込んだ。

思い込み・・・これも事故の元。

友達の車屋さんも、私が電話をしていないのに、保険会社から聞いたと言って、わざわざ

家まで車を見に来てくれた。ありがとう。

悪いことしたのに・・・・皆さん、ありがとう。

hちゃんのお母さん。・・・ぶつけられたのに心広い方。

hちゃんのおじいちゃん・・・外で待つ下の娘を気遣って下さりありがとうございました。

元教頭先生・・・よくあることだよ。わしもこの間やったばっかり。と慰めてくれて。

車屋ウッチー・・・わざわざ家まで駆けつけてくれて・・・ありがとう。

車に乗って動き出すとき必ず回りを見渡そう!

そう思う本日でした。

そして、ため息。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

良いことは・・・真似するべし。

会社が終わり、駐車場までの帰り道。

一人小学生の男の子とすれ違う。

ぶつからないように少し横へ避けた私。

彼は、私に「さようなら」。

私も、つられて「さようなら」。

はて、知っている子だったろうか?

いやいや、ここに知っている小学生はいないはず。

すれ違い、背中合わせに彼との距離は、離れて行く。

「いまどき、いい子だなぁ。」

「きっと、親がいいんだろうなぁ。」

なんて、彼の家庭を想像してしまう。

男の子、しかも高学年(5年生ぐらいかな・・)。

大多数は、見ず知らずのおばさんに「さようなら」は言わないだろう。

そう思った。

うちの娘、恥ずかしがり屋でなかなか挨拶が出来ないタイプ。

私が最近気をつけていること。

知らない人でもすれ違ったら挨拶する。そう心がけている。一応。

でもやっぱり半分ぐらいかな・・・実際、言えるの。

自転車に乗って娘と散歩した。

すれ違う人に「こんにちは」。

私が言うと・・・。

娘もつられて「こんにちは」。

意外とすんなり口から出た。

挨拶しなさい!って言わなくても言えてしまうのである。

だから、無理に言わせるのはやめている。

自分から、進んで言える挨拶でなくては意味が無い。

言わされているだけでは、その時だけだ。

そんな風に思う。今日この頃。

子供にそうなってほしければ、自分がそうすればいい。

そんなことを聞いたことがある。

出会った彼は、親に言われたからしていたのではない。

彼自身から出た挨拶だ。

だから私は、感激したのである。

あらためて思う。

子供は親をよく見ているのだ。

娘のお手本になるように心掛けたい。

そんな風に思った夕方だった・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

勉強に・・・終わりなし。

第1・第3の土・日曜日は、フミユセラピストアカデミーのスクール日である。

今年3月に卒業し、スクール日に限られた時間だが、復習会として参加している。

いつも思うことは、やっぱり終わりはないな。と。

本当に奥が深い。人間の体。

先生がいつもポツリと言う言葉。

「どうして、そうなるのか?」

そうなのだ。

いつもテクニックばかりに気を取られ、テクニックばかりを頭に入れようとする。

確かに、覚えることは大切だが。

その先を分かっていないとそのテクニックに効果を期待することは出来ない。

「何故、そうなるのか?」

お尻の筋肉に力を入れると、どうして股関節が開くのか。

手のひらと一番遠い筋肉はどういう関係なのか。

何故、膝を揺らしただけで骨盤矯正できるのか。

なぜなぜ分析しなければ・・・一流にはなれない。

なぜがわかっていなければ、患者さんへの効果も期待できない。

なぜを知らないままにしていたら・・・。

まだまだ、学ぶことは多くある。学んだ後は・・・。

「どうしてそうなるのか?」

紐解くことが本当に理解するということだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

距離は近し。自身は遠し。

今日は、朝から大慌て。

5時起床。しかし電気は使えない。

セットしておいた洗濯機は動いておらず。

冷蔵庫も真っ暗だ。

静まり返った部屋の中。

「なんでつかんよ!!」と怒りきれない。6時には復帰するとの情報が・・・。

主婦にとって朝の10分は昼間の1時間に相当するのだ!

絶対、会社遅れる~と思ったが、子供たちは5時30分に自然起床。すばらしい!

私の予想は、大幅にはずれ(良い方向)、朝食と洗濯干しの時間は入れ替わり・・・見事間に合った。

子供たちの自然起床に感謝!親の心が通じたか?

朝はこんなんで始まった。

仕事中、ズドンと縦揺れ1回目。

しばらくしてから、ガタガタガタと横揺れ2回目。

またまた、ユラユラ3回目。

昨日の夜もあったっけ。

久々の地震にちょっと気が引き締まる。

すぐに頭を過ぎるのは、残してきている子供たち。

震源地は、「掛川市三俣」・震度4。

我が家の隣の地区である。

私も主人も仕事で磐田にいる。

子供たちは、小学校と保育園。

この距離は、近いようで遠いのだ。

昨日とその前も大東では雨が降った。

でも、磐田では降らない。朝は、とても晴れていた。

小学生の娘は、幸いにも学校で傘を貸してもらえた。

もし、雷がゴロゴロとしている中、傘もささずにびっしょり濡れて帰ってくることがあったなら・・・と考えてしまう。

こんなとき、本当にいてもたってもいられない気持ちになる。

すぐに駆けつけてあげることができない、もどかしさ。

本当に緊急事態になったなら、私は冷静でいられるか。そのほうが心配だ。

引渡しになったとき、次々に迎えに来るお母さんたちを見て、きっと、心細く感じるであろう。

やっぱり、子供たちのそばにいてあげられるのが何よりのことだと、この頃よく考える。

今年中には、なんとかしたい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »